*

実際の流れ

民事再生による解決はマンション等のローンを含む重債務に苦しむ個人を救済するために住宅を手放すことなく金銭面でやり直すための法的機関を通した債務の整理の手順として適用された選択肢です。

 

民事再生という制度には、破産手続きみたいに免責不許可となる条件がないので、競馬などで借金をしたような場合においても選択可能ですし破産申請により業務ができなくなってしまう資格で仕事をしているような場合でも民事再生手続きは可能です。

 

破産申告では、住んでいる家を保有したままにすることは不可能ですし任意整理と特定調停では、やはり元金は戻していく必要がありますので、住宅ローン等を含めて支払い続けるのは多くの人の場合困難だと考えられます。

 

ですが、民事再生という方法を採用することができれば住宅ローンなどを別とした借金については圧縮することも可能なためある程度余裕に住宅ローンを返済しながら残った借り入れ分を返済し続けるようなこともできるということなのです。

 

しかしながら、民事再生という手段は任意整理による処理特定調停といった手続きとは異なって一部分の借り入れだけを省いて処理することは許されませんし破産申告に適用されるように借金が消えてしまうのではありません。

 

くわえて、これとは別の整理方法と比較しても手続きの方法がこみいっていて時間もかかりますので住宅ローン等があってマンションを手放せないような状況を除き破産申告等それ以外の債務整理ができない場合の解決策とみなした方がいいでしょう。

 



コメントする